賃貸の物件で新生活を始めよう〜ラクチン快適な暮らし〜

賃貸住宅を借りる

マンション

賃貸について知っておきたい情報

賃貸住宅を借りる場合、できるだけ条件のいいところに入るためには不動産会社が繁忙期の1月から3月は避けたほうがいいとよく言われます。 1月から3月は物件が動く時期ですが、早い段階に物件を確保しておかないとよい物件がなくなってしまうからと言われています。ここでいう良い物件とはいったいどんな物件でしょうか。 家賃が安いことでしょうか。実は、家賃はしっかりとした合理的理由で決められています。同じ広さで同じような間取りの家が7万円の場合と9万円の場合は7万円のほうがとくしたように感じるかもしれませんが、実際には得をしているわけではなく7万円にはその価格になる理由があるのです。例えば交通の便が悪いとか、東向きにベランダがあるとかの理由で価格が下がっているのです。

工夫することで得られる何か

そうだとすれば、賃貸住宅に金銭的にとても負担が少ない掘り出し物があるわけではないのです。金銭的に負担が少ないということは他で何らかの負担がつきものだということです。 つまり良い物件とは金銭面ではなくそこで暮らしやすいかどうかという点ではないでしょうか。例えば電車通勤も通学もしない家族が、家賃は安いけど駅から遠い賃貸物件でも十分満足できるのです。あるいは、夜の仕事で昼間あまり家にいない人は南向きかどうかはあまり気にしないはずです。このように、その人の価値観によって良い賃貸物件の内容が変わってくるのです。 このように、一般的に必要だというものが必ずしもその人たちにとっては必要がないかもしれませんし、その逆もあります。