賃貸の物件で新生活を始めよう〜ラクチン快適な暮らし〜

快適な収納

不動産の資料

賃貸で工夫をして住みよい家にしよう

賃貸住宅を借りる時に、必ずと言っていいほど不満が出るのはその収納です。家族に子供がいる家庭や女性は特に収納の少なさに嘆くに違いありません。 収納が少ない理由は有効面積で家賃が決まってしまうからです。何が言いたいかというと、その家の家賃を決める時にその家の有効面積の大きさで家賃が左右されます。有効面積が大きいほど家賃は高く設定できるのです。ただし、トイレやふろ場、収納などはそこに含まれません。オーナーとしては収納を減らして家賃を上げるように考えているため、借主としては満足いく収納は少ないのです。ただ、収納は工夫をすれば可能になります賃貸物件は現状回復義務がありますので、自分で収納を作るとしたら壁に傷がつかないものを使うなどの工夫が必要なのです。

現在のトレンドはどうか

収納の件で言えばやはり賃貸の収納は狭いのですが、それでも最近の賃貸は昔の賃貸よりは収納が増えています。 賃貸物件で絶対に欲しいものランキング10位以内には、バストイレ分離型の部屋や、オートロック、追い炊き機能付きのバスなどが含まれていますが、その中に収納が何気なく含まれています。 賃貸も昔に比べると空室が目立ってきています。2013年度のしれべではこの国の空室率の平均は23パーセントほどですので、4世帯のうち1世帯は空室なのです。オーナーとしても家賃を上げるために収納を減らしても、そもそも部屋を選んでもらえないとしたら本末転倒です。そこでできるだけ収納を大きくする工夫をしている物件もよく探すとありますので見つけてみてください。